浅谈《海边的卡夫卡》中的隐喻性_日语论文.doc[原创毕业论文]_欢乐生肖


浅谈《海边的卡夫卡》中的隐喻性_日语论文.doc

资料分类:日语论文 上传会员:克莱儿 更新时间:2019-02-26
需要金币3000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:10697
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

概要:本論文は『海辺のカフカ』をめぐって、メタファーについての考察である。2つの手がかりについての分析、及び主要な人物設定の研究を通じて、小説のメタファーについて考察する。『海辺のカフカ』は現実的な世界と現実的ではない世界の中で自由に転換し、戦争と歴史に対する認識を解釈し、現実の世界と人の生きる意味を深く考える。『海辺のカフカ』のメタファーについての考察により、村上春樹作品への理解を深めると期待されている。

 

中文摘要:本论文通过对两条线索和主要人物设定的分析,研究了小说中的隐喻性。《海边的卡夫卡》在现实世界和非现实世界自由转换,进一步解释了对战争和历史的认识,对现实世界以及人活着的意义进行了思考。通过分析探讨《海边的卡夫卡》中的隐喻性,以期加深对村上春树作品的理解。

关键词: 隐喻;俄狄浦斯;战争;现实世界

 

目次

概要

中文摘要

序  章  研究目的と先行研究-1

第1章  『海辺のカフカ』のあらすじ-2

第2章  二つの手がかりのメタファー-2

    第1節 主な手がかりの「1つののろい」のメタファー-2

    第2節 副次的な手がかりの「集団昏迷の事件」のメタファー-3

第3章  人物設定のメタファー-4

    第1節 「カフカ」という命名のメタファー-4

    第2節 「中田」設定のメタファー-4

第3節  佐伯の身元のメタファー-5

第4章 現実に関するメタファー-5

    第1節 現実や歴史的状況-5

    第2節 現実と非現実-6

終 章 結論と今後の展開-7

参考文献-9

相关论文资料:
最新评论
上传会员 克莱儿 对本文的描述:国内外对《海边的卡夫卡》的研究评论蔚为大观,但同时特别是在日本的文学评论界这部作品是极具有争议的,尤其在村上春树评论界的两位重量级人物——加藤典洋和小森阳一之间。......
发表评论 (我们特别支持正能量传递,您的参与就是我们最好的动力)
注册会员后发表精彩评论奖励积分,积分可以换金币,用于下载需要金币的原创资料。
您的昵称: 验证码: