浅析儒学对日本女性社会地位的影响_日语论文.docx[原创毕业论文]_欢乐生肖


浅析儒学对日本女性社会地位的影响_日语论文.docx

资料分类:日语论文 上传会员:克莱儿 更新时间:2019-02-26
需要金币3000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:12218
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

概要:儒学流入前、日本の女性は光り輝く時代にいる。最初の女皇から女性文学の全盛期まで、女性は内政や文化交流の面でもいろいろな大き功績が立つ。その後、儒学東進とともに、「無才能は最高の美徳である」などの封建的な思想の影響で、女性の社会地位は前よりちょっと低くなる。それから、武士階層の壮大と婚姻形式の変遷、及び宋明礼教の導入に伴い、『女大学』など女性の思想を束縛する書籍が日本女性を教育する教科書となり、女性は自分の人格と意識を失い、男性の所属品になり、「男尊女卑」の社会現象が現れている。明治維新後、日本人は進んだ西方思想を習ったので、女性の発言権を認める。しかし、伝統的な「男尊女卑」の観念がずっと存在して、女性が男性より低い社会地位である問題はまだ解決されない。

 

中文摘要:大化改新前的日本女性处于辉煌时代,从最初的女皇执政到女性文学进入鼎盛,女性不论在政治还是文化交流上都颇有建树。之后随着儒学东进,儒家中“女子无才便是德”等封建思想开始影响日本社会的女性观,女性较之前地位有所下降。后期随着武士阶级的壮大和婚姻形式的转变,以及宋明礼教的引进,《女大学》等一些禁锢女性思想的书籍开始成为日本社会教育女子的教科书,女性丧失人格尊严和自我意识,社会地位沦落并最终成为男人附属品,男尊女卑开始走向极端化。明治维新后,日本学习了西方“男女平等”的先进思想,女性话语权开始被认可。但是,传统的男尊女卑思想一直存在,女性比男性社会地位低下这个问题并未得到解决。

欢乐生肖关键词:儒学;女性社会地位;男尊女卑;男女平等

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節-研究目的-1

第2節-先行研究-1

第1章 儒学流入前日本女性の地位-1

第1節-文学から見る女性地位-2

第2節-芸術から見る女性地位-2

第3節-政治から見る女性地位-2

第2章 儒学流入後日本女性の地位-2

第1節-日本女性地位の衰退-3

第2節-「男尊女卑」の盛行-5

第3章 儒学の現代日本女性地位への影響-6

第1節-儒教型の賢妻良母観(明治時代~昭和時代)-6

第2節-婦人解放(昭和時代から~今まで)-7

終 章-8

参考文献-9

相关论文资料:
最新评论
上传会员 克莱儿 对本文的描述:国内外有很多针对日本社会上女性地位的研究,从女性的自我称呼,现代女性的就业结构,家庭婚恋观,文学作品中女性形象等角度,提出日本长期的男尊女卑得不到解决和新时代女性......
发表评论 (我们特别支持正能量传递,您的参与就是我们最好的动力)
注册会员后发表精彩评论奖励积分,积分可以换金币,用于下载需要金币的原创资料。
您的昵称: 验证码: